Take a Note 2022 REGULAR 手帳台湾版(A5)

內容
  • 扉1p
  • 年間カレンダー1p
  • 年間スケジュール1p【2022.01-2023.12】
  • 月間スケジュール32p【2021.12-2023.03】
  • 週間スケジュール212p【2022.01-2022.12】
  • 方眼メモ8p
  • 個人情報1p

TAKE A NOTE 手帳は GOOD DESIGN AWARD 受賞作品。たっぷり書けて時間管理できる独自開発のバーチカル2日1ページ+レフト式ミニウイークリーメモスペースで、仕事もプライベートもしっかり把握できます。

TAKE A NOTE は台湾発の手帳ブランドです。2017年でGOOD DESIGN AWARDを受賞し、海外の人にも使えるため、英語バージョンを生み出した。

トモエリバーを採用して、180度フラット装丁で書き心地を重視し、独自デザインのフォーマットは今まで体験したことないの使いやすさを実現。1日1ページは書けない、1週間2ページは書き切れないあなたへ、1週間4ページ+ミニーウェークリーで週間計画を一覧とたっぷり記入スペースを確保できます。

12時〜13時は薄い色をつけて、一眼で午前と午後の予定を区別できます。時間軸は朝6時〜深夜3時、下に予備スペースで6時まで伸びれますので、24時間時間軸としても使えます。普通にメモスペースとしても使えます。

週間計画の記入スペースは薄い点線方眼で構成し、真ん中に一本の縦の実線で左右をさらに区別できます。もちろん無視して一つの記入スペースとして使うも可能です。

 

 

純粋なる紙の美

表紙は大阪紙専門商社株式会社竹尾製造、表と裏の違いはほとんど無く、やわらかい印象の紙ですが手触りはざらっとしていて、長く愛され続け里紙を使用。

 

手帳の軽量化

薄くて軽い68g/m2トモエリバーを使用、80g/m2紙を使われてる同じページ数の製本と比べて約20%軽く、より持ち運びやすい手帳に。

 

こだわりの書き心地

万年筆、つけペン、色鉛筆など様々な筆に適し、滲まない、色映えし、滑らかな書き心地と軽さはトモエリバーが選ばれた理由

180°平に開ける

背表紙なし中綴じで、手帳を180°平に開ける仕様

書きやすさを最優先し、隅まで利用できます

 

年間カレンダーと年間スケジュール表

年間カレンダーは20219月~20234

2022年の前後の4ヶ月をカバーする20ヶ月カレンダーはプロジェクトの進捗管理をしっかりとサポートしてくれます。

 

フレキシブルに使える年間ガントチャート

年間スケジュール表は横軸のガントチャートタイプになっているので、一年間の連休、イベント、試験などを記入することができます。一年間の予定が見渡せるので、長期のスケジュールを把握するのに便利です。また、身に付けたい習慣をチェックする習慣トラッカーとして使うこともできます。

2021年9月~2023年4月と20ヶ月間あるので、スケジュールを立てやすいです。

 

月間計画は2021年12月から2023年までの16ヶ月間です。年をまたぐプロジェクトでも事前に予定を立てることが可能です。

市販の手帳は月間計画のレイアウトが決まっているので、使わない機能があっても調整はできません。Take a noteの月間計画はそのようなスペースをユーザーに利用してもらうことにしています。上下、左右ともに大きな方眼メモを用意しているので、その月のテーマ、見たい映画、ドラマ、自分への励ましの言葉など、カスタマイズして自由に書き込むことができます。週ごとの仕事のTo doリストを書くのもおすすめです。

 

大きな方眼メモスペース

月間スケジュールの周りに方眼罫メモスペースがあり、使い方はご自身の習慣に合わせられます。

月間計画は今までのない広いメモスペーすを設置し、月間計画の一番右にその週の週間計画のページ番号を表記して、素早くその週の詳細ページにリンクできます。

なお、全てのページがページ番号をつけてことで、バレットジャーナル手帳術とも併用できます。

 

WEEKLY PLAN

独自開発の「バーチカル2日1ページ+横ミニ週間スケジュール」フォーマット

たっぷり書き込みスペースと、すぐ検索できるインデックス

ミニ週間スケジュールで毎週の仕事を記入することで、週ごとのスケジュールを一覧できます。もちろんメモスペースとしても活用でき、娯楽スケジュールを記入できます。

月間スケジュールには週ごとに該当週間スケジュールページ番号を入れており、素早く検索でき、バレットジャーナル式にも使えます。余白スペースでお好みでインデックスを入れて、プロジェクトごとまとめることもできます。

台湾版の二十四節気と旧暦や祝日が表記して、時の流れを感じさせます。

時間軸を左右分けられ、仕事とプライベートスケジュールを分けたり、メモとして自由自在に活用できます。

時間軸は朝6時から夜中3時まで入っており、余白は残りの時間に分けてもよし。30分単位でスケジュール入ります。

NOTE PAGE

2022年は、メモページ再デザイン

今までの4つスペースの区切りはドットでミニマムなマークで、必要がない時もそのまま全面ノートとして使えます。その上に横3ブロックのスプリットマークで情報の整理もしやすい

 

※台湾の祝日を表記しています、祝日表記なしの英語版も用意しています(REGULARサイズのみ)。
※画面写真と実際の商品に多少の異なる場合がございます。色は実際の商品をご参照ください。

 

オフィシャルストア予約特典

オフィシャルストアから「Take a Note 2022 REGULAR 手帳台湾版(A5)」「Take a Note 2022 REGULAR 手帳英語版(A5)」「Take a Note 2022 MINI 手帳台湾版(A6)」をご購入いただいた皆様に、特典として「特製しおりカレンダー」と「TAKE A NOTE 付箋」をお付けします!

複雑なデザインになりがちなスケジュール帳だが、罫線などを淡く表現することで、それを感じさせないものに仕上がっている。また、しっかりと書き込めることに重点を置いていることから自分にカスタマイズしやすい環境をつくりだしていることに評価が集まった。台湾の旧暦なども書かれており、ユーザーの生活様式にも配慮があるデザイン。

GOOD DESIGN AWARD Review & Comment